特殊車両通行許可とは~特車許可とは~


特殊車両とは

特殊車両(特殊な車両)とは、車両の幅・長さ・高さおよび総重量が一般的な制限値を超えたり、
高架道路・橋・トンネルなどで総重量や高さが制限値を超える車両の事を言います。

このような特殊な車両が道路を通行すrには、“特殊車両通行許可”が必要になります。

根拠法:道路法第47条の2


具体的に特殊な車両とは。コチラから。

特殊車両の通行許可申請について


特殊車両で道路を通行するには、通行しようとする道路の管理者に通行許可の申請をし、許可を
受けなければなりません。


【申請方法】

申請には、下記の書類を準備し、管轄の窓口へ申請します。
※道路管理者によって、別途書類が求められる場合もございます。(例:軌跡図・荷姿図・四面図・経路図など)


◆ 特殊車両通行許可申請
◆ 車両に関する説明書
◆ 通行経路表
◆ 経路図
◆ 自動車検査証の写し
◆ 車両内訳書


特殊車両許可申請窓口(申請先)


【申請先】

◆ 出発地点から目的地まで一つの道路管理者の道路のみを通行するときには、
  その管理者の窓口に申請します。

◆ 国土交通省が管理する一般国道と都道府県が管理する主要地方道などのように申請経路が2つ以上の
  道路管理者にまたがるときには、どちらか1つの管理者の窓口に申請すればよいことになっています。
  ただし、指定市以外の市町村は、他の道路管理者の管理する道路の審査をすることが出来ないので、
  申請を行うことができません。
  なお、申請経路が2つ以上の道路管理者にまたがるときには、指定市以外の市町村に申請を行うことはできません。

◆ 新規格車の通行許可の申請は、申請経路にあたる道路(高速自動車国道及び重さ指定道路は除く)を管理している管理者の
  窓口に申請します。


申請をしてから許可が下りるまでの期間(標準処理期間)


【標準処理期間】

許可または不許可と決定される期間 は、その申請の内容が

① 申請経路が道路情報便覧に記載の路線で完結している場合
② 申請車両が超寸法車両および超重量車両でない場合
③ 申請後に、申請経路や諸元などの申請内容の変更がない場合

   ↓

◆ 申請した日から約2~3週間
  ※オンライン申請の場合、4日以内(土日祝日を除く)

当事務所では、オンラインにて申請を行うため、早い許可取得が可能です。


※個別協議が有る場合、他の道路管理者との協議が必要な場合には、表記以上の時間がかかる場合がございます。



許可の有効期間について



事務所所在地

行政書士法人LINX